診療案内

理学療法について

主な業務内容

理学療法士が個別に理学療法プログラムを立て、除痛、歩行能力向上を中心に積極的にアプローチを行っています。

特徴・特色

各種物理療法機器やトレーニング機器を揃え、患者さん個々に理学療法士が対応して関節モビリゼーション、筋膜リリース、プレートを使用したプレーティングなどの手法を用いて、痛みの除去や機能向上に努めています。

最近は、ノルディックポールウォーキングを歩行機能改善プログラムに取り入れ、より一層歩行能力改善に力を入れています。

水治療法

また施設内には、年間を通して36℃前後の温度を維持できる温泉を利用したプールを完備しています。機能レベルを考慮し、3つの時間帯にグループ分けすることで、きめ細かな対応を心がけています。専任の健康運動指導士が号令をかけ、水中トレーニング、水中歩行練習(水中ノルディックポールウォーキング)などを行っています。